KIMONO-HOLIC

女だけど男装着物で世界一周したキモノ好きのブログ。

【保存版☆着物で海外】治安の悪い地域で両替する時の注意と対策。

f:id:ichikatarot:20190209212521j:image

さて、今回は番外編です。

私はこれまでいろんな国を着物で旅してきました!

しかし訪れる各国で食事やお買い物をするのには、現地で使えるお金を持ってないといけないですよね。

でもその多くは日本円から直接両替できるメジャーな通貨ではないのです。

 

この記事では、私が南米を着物で歩いていて実際に体験したこと

そして治安が悪いと言われる地域で両替をする際に気をつけるべきことをお届けしようと思います。

 

着物で南米を歩くとこうなる

f:id:ichikatarot:20190209190104j:image

ブエノスアイレス編でもちょっと書きましたが、

きっと日本人の方が着物で南米歩くとこうなると思います。

「ニーハオニーハオ!!

カンビオカンビオ〜!!!」

と、町中で男の人に声かけられまくります。笑

意味は?というと

カンビオ(cambio) = 両替

「ウチで両替しなよ〜!」です。笑

彼らは両替商で、

こんな着物なんて着て歩いてるわかりやすい観光客は格好の的。笑

なのでキャッチしまくりなんですね。

だいたいお土産屋さんのある通りなんかには数メートルに1人は立ってて

ニーハオニーハオ言われまくります。笑

 

でも、そうなのです。

私たちはニーハオの国の人じゃないのです!!笑

彼らのほとんどは着物着てるのは「アジア人」

「アジア人のほとんどは中国人だから『你好』って言っときゃだいたいあたる」と覚えているので、

まぁもう、街中で話しかけられるときはまずニーハオと言われます。笑

 

あと、

たまに(いやけっこう?)両手に拳を作って

「オス!!」って元気に言われることもあります。笑

着流しなんて着てると、柔道とか武術してそうに見えるんでしょうね。笑

ある意味防犯に一役買ってたらいいなぁーと思いながら笑顔でやり過ごします。

 

USドルでも意外と大丈夫だけど…

f:id:ichikatarot:20190209021517j:image

日本円からは基本的にUSドルにまず両替して、それから行った先のその国の両替屋でさらに両替しています。

ですが実は、正直割とまぁまぁな国でUSドルで買い物はできます

私の行った国でも例えば

ポートルイス (モーリシャスルピー)

ナミビア(ナミビアドル)

モンテビデオ(ウルグアイペソ)、

など他にも、

その国独自の通貨はあるのですが、USドルでも普通の観光客向けのお店では買い物ができます。

(よーっぽど街はずれとかの個人商店じゃない限り)

 

だけど、いかにも観光客向けのお店より

ちょっと街はずれでも昔ながらの小さなお店で買い物したい、とか

田舎の方に泊まるとかいう時もありますよね。

そういう時は基本カードも通用しませんし、現地通貨を持っていないと何にもできない!

なんてことになりかねないのです。

ちなみに

私は海外の通貨自体が好きで、集めております♡

なので絶対現地通貨に替えます!!♪

だから実際さっきのような「Cambio = 両替屋」は必要なんです。

 

全ての国が安全とは言えない事実。

f:id:ichikatarot:20190209190032j:image

だけど、正直両替する店は選ばないといけません。

世界的に日本はかなり平和な方な国だといえますが、残念ながら国や街によっては治安が悪いと言われるところも実際存在します。

南米は、数字上とっても治安の悪くて危険とされている地域も多いです。

麻薬関係の殺人や強盗事件が毎日数十件なんて当たり前の街が普通にあったりします。

もちろん

街の全て、国の全てではありませんよ!

そんな風に言われた地域でも心優しい人に助けられたことが私自身たくさんありますし、

観光客の方も出歩く場所や時間に気をつければ良いだけなのです。

 

私の周りでも被害者続出!

だけど実際私の目の前で

写真を撮っている途中に財布をスられたり、

そのカメラ自体を盗まれたりした友達も何人もいます。

私の父もホテルなら安心…と思い

フロントに預けた荷物の中からスタッフにカードを盗られて数十万円使い込まれたこともありました。

正直、自分がしっかりするしかないのです。

悲しいですが、そういう地域にいる限り誰も信用できません。

 

安全な両替所とは。

f:id:ichikatarot:20190209193219j:image

例えばですが、

そういう街中の勧誘されまくりのところでキャッチされておちおち両替にいくと、

私はだし、もしかしたら財布からお金出すときに引ったくられて逃げられるかもしれませんよね?

それに、

両替にはパスポートも提示しないといけないので、

パスポートなんて盗られたら簡単に帰国もできなくなってしまいます。

(実際現地の人大概は優しいですが可能性として)

なので

もしちょっとくらいレートが良くても、

私は安全を買うためそういう人にはついていかず、別の安心なところで両替する派です。

 

ではその安全な両替所はというと

【1】空港や港内の両替所

【2】銀行

【3】ショッピングモール

【4】観光地のホテル

などです。

街中の両替屋さんは遅くまで営業してたり、銀行等よりレートの面でも得なこともあるのですが、

治安が悪そうな空気を感じるなら絶対安全を買うべきです!

f:id:ichikatarot:20190209194626j:image

ブエノスアイレスの両替できるショッピングモール。

 

まとめ

治安の悪い地域で現地通貨を手に入れたいときは

USドルパスポート(コピー不可)を用意して、

できるだけ明るい街中の公共の施設で両替すべき。

特に女性は、優しく声をかけられてもレートが良さそうでも路地裏や人気のない場所の店では絶対両替すべきではない。

両替どころか身ぐるみ剥がされても知らないよ!

( ;∀;)ノ

 

…以上、

治安の悪い地域で両替するときの注意点と対策でした!

皆さんお気をつけて旅してくださいね!(^∇^)!

 

M子。